FC2ブログ
たっちゃんのカーモデル生活
出戻りオヤジのカーモデル生活
プロフィール

プラモデル大好きオヤジ!

Author:プラモデル大好きオヤジ!


最近の記事


ブログランキング

FC2Blog Ranking


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界のカメコレクション
以前に「ゼニガメ」を紹介しましたが、今回は、そのシリーズの追加記事です。

1/1スケール「ミドリガメ」BABY MISSISSIPPI SLIDER
1/20スケール「ゾウガメ」GIANT TORTOISE



「ゾウガメ」は1/20スケールです。(そりゃそうだ。1/1スケールは無理だろ)

P1070805.jpg

前回の「ゼニガメ」に比べて箱の中が豪華になっています。

P1070807.jpg

定価が500円もするプラモデルですからね。多少は豪華に・・・やっぱ高いでしょ!

P1070808.jpg

インストを見るとそれぞれでカメのイラストがちゃんと違っています。

P1070809.jpg

「ゼニガメ」は1996年製で、「ミドリガメ」と「ゾウガメ」は平成12年製です。
なんと、16年間も売れているのでしょうか?このキットは・・・

P1070814.jpg

ほら!外箱のイラストもちゃんとそれぞれのカメになっています。集めて分かるこの事実。。。orz

P1070810.jpg

このキットを・・・

P1070811.jpg

このように作るには、相当な塗装技術が必要だと思いますが・・・

P1070812.jpg

ゾウガメにいたっては・・・

P1070813.jpg

手足の感じなどは、神業ですね。

P1070815.jpg

あとは、「ワニガメ」だけなのですが、なかなか見つかりません。(T_T)

中古カーモデルキット専門通販ショップ

おやじのカーモデル屋


スポンサーサイト

テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

海底軍艦「轟天号」
今回は、カーモデルではありません。海底軍艦「轟天号」のご紹介・・・ってよく知らないんですけど

リサイクルショップにひっそりと並んでいたのですが、OTAKIのロゴに惹かれて買ってしまいました。

「轟天号」

万能戦艦「轟天号」は、戦艦と潜水艦を併せたような形状と艦首の巨大なドリルが特徴。『惑星大戦争』の轟天は宇宙船であるが、他ではドリルの付いた空飛ぶ潜水艦である。『海底軍艦』以降も多くの作品に登場しているが、それぞれに直接のつながりはない。しかし、“人類最後の希望”という形にされ、人類を救う最終兵器的役割を持たされているのは共通している。(Wikipediaより)

P1070636.jpg

箱絵がなかなかカッコイイ!です。

オオタキ製 1/800スケール 定価500円

P1070637.jpg

「恐怖の海底王国地上に挑戦!」何のことだか、さっぱり分からないコピーですが、どうやら、大地震で滅びたと思われていた、ムウ帝国が海底王国として栄えていて、ふたたび地上に戻ってくると言う設定ののようです。

地上征服を企むムウ帝国を壊滅されるために出動するのが、この「轟天号」のようです。

P1070638.jpg

この龍のような怪物は、「マンダ」と言い、ムウ帝国人に操られて「轟天号」と戦い、冷凍砲で氷づけにされてしまうそうです。

P1070639.jpg

箱を開けると物語のあらすじを明記した資料が目に飛び込んできます。思わず真剣に読んでしまいました。

この「轟天号」の能力が凄まじいです!

空中をマッハ2で飛び、海中を50ノットで進み、地中を時速20キロで進み、海上では80ノットの速度が出ます。驚くべきは、地上では時速300キロで走るようです!F1ですか!

P1070640.jpg

インストはいたってシンプル

1.船体を接着します。
2.各部品を接着します。
3.スタンドを接着します。

「接着します」しか書いてありません。

P1070641.jpg

まあ、部品もこれだけですからね。

おやじのカーモデル屋

テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。